パチンコ

パチンコは1920年代に生まれたウォールマシンを元にして作られた日本人の国民的娯楽として根付いています。ホールにはパチンコ台がぎっしりと並べられていて、出玉の音が賑やかに響いています。最近では芸人の営業先としても人気になり、清潔で楽しいイメージを作ろうという動きがあるものの、他人との距離が近すぎるのにストレスを感じやすいことや、じっと座ったまま出てくる玉を見つめるだけでかつてのように釘の向きをみて戦略を練ったり玉を射出する力加減で玉の軌道をコントロールできなくなっていることなどを理由に客足が遠のいている傾向にあるようです。出玉を景品と交換できるゲームですが、3店方式で現金と交換できることが公に認められています。ただし現金との交換は店外の目立たない場所で行われるため、やましいことをしているような気分にさせられることや、海外旅行が身近になっていることから、気軽に海外のカジノで楽しむ人が一般化したそうです。毎日通勤電車でぎゅうぎゅう詰めの電車に乗ってストレスを受けた上に大音響でごみごみした場所で打つよりは、超高級ホテルに併設したカジノに行って豪華な内装でゆったりした場所を歩きながら他の人と話をしたり、他の人のプレーを見て楽しんだりすることを選ぶ人が増えています。女性の目線からもパチンコで遊ぶことは一般受けする趣味にはなりませんが、海外のカジノには一般の女性も喜んで遊びにきています。世界各国の男性から口説かれてそのまま一緒に帰っていくのは日常茶飯事です。女性は豪華な場所や自分の知らない世界に弱いので、カジノで女性を口説くのは難しい事ではありません。パチンコの良さは手軽さです。誰かと話す必要もなく、すっと店内にはいって台にお札を入れれば遊べます。もっとも、ペイアウト率は2535%と言われていて、カジノに比べると割りのいい投資ではないので気を付けましょう。